牧野リハビリテーション病院の写真

2023/12/16更新

【横浜/鴨居】回復期リハビリから長期療養、看取りケアまで対応している地域密着型病院です!

牧野リハビリテーション病院
神奈川県横浜市緑区鴨居三丁目32-33
回復期
常勤
夜勤有
オンコール無
4週8休制
  • アクセス

    JR横浜線「鴨居駅」南口より徒歩10分

  • 給与

    年収473万 ~

  • 勤務形態

    常勤 夜勤あり/オンコールなし

  • 休日

    4週8休制

  • #資格取得支援
  • #寮あり
  • #回復期
  • #食堂あり
  • #4週8休
  • #グループ内異動可
  • #母体安定
  • #提携保育園あり
  • #教育体制充実

戸田中央メディカルケアグループ(TMG)の「牧野リハビリテーション病院」は、回復期リハビリテーション病棟と障害者病棟を持つ地域密着型病院です。 すぐ近くのグループ病院「牧野記念病院」をはじめ、地域の急性期病院と密な連携体制を構築し、急性期治療後の患者様を積極的に受け入れています。

求人情報

業務内容
-慢性期病棟での看護業務全般 -回復期・リハビリテーション病棟での看護業務全般 ※経験などに応じて配属。 ※異動も可能性もございます。 ◆補足 看護記録方式/SOAP・MANDA 看護方式/チームナーシング カルテ/電子カルテ

必要な資格等
-正看護師資格

雇用条件※モデル:看護師経験15年
正社員/常勤 ◆試用期間:3カ月(条件変更なし) ◆月給:293,780円~ -基本給:250,900円~※経験による ◆手当 -通勤手当:規定内支給(上限15万円まで) -夜勤手当:57,384円/月~(1回¥14,346円×4回)※経験による -日祝勤務手当 -年末年始勤務手当 -扶養手当 -住宅手当:15,000円 ◆賞与 -年2回(7・12月) -賞与額:前年実績3.4カ月※業績・経験による  ⎿ 853,060円※経験15年モデル ◆その他 -想定年収:4,732,468円~ -昇給:年1回・4月 -退職金制度:あり(勤続3年以上)

その他勤務詳細
◆勤務時間 ①8:30ー17:00  ②16:30ー翌9:00 ※回復期病棟では遅番あり:11:30ー20:00 -時短勤務:不可 -残業時間:ほとんど無し(平均5H以下) -保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険 -貸与備品:制服 -マイカー通勤:可 ※駐車場代:実費(近隣の駐車場をご自身で借りて頂きます) -自転車通勤:可 -バイク通勤:可

休日
-4週8休制 -年間休日112日+有休※2023年度実績 ◆特別休暇 -有休(入職6ヶ月経過後10日付与) -慶弔 -産休 -育休

その他福利厚生など
-ワンルームタイプ寮あり(費用/27,000円前後+水道光熱費等) -保育支援/24時間保育室完備(委託) -福利厚生倶楽部導入 -職員食堂:1食300円(昼食)

教育・育成環境

教育育成環境の写真2枚目

-教育システム/自ら学ぶことを基本としたチーム支援式クリニカルラダー制度 -研修制度/院内研修支援(TMG・看護協会・その他) ◆看護師と介護スタッフの教育について -入職後は、新卒者にも中途入職者にもサポート役の先輩が付き、業務に慣れるまでマンツーマンのOJTを実施。 配属先の希望にはできる限り応えていますが、定期的な人事異動によって、回復期と慢性期それぞれの看護・介護を経験し、専門職としての視野を広げていけるようにしています。 -スキルアップ支援は、目標や成長の道筋を示した教育支援パス、eラーニング、TMGのキャリアラダーを活用し、能力に合った学びができる環境を用意。 -看護師には看護協会などの外部研修(勤務扱い・費用補助有)への積極的な参加を促し、現場で求められる領域の認定看護師の資格取得や、回復期リハビリテーション病棟協会認定コースの受講を推進しています。 -介護スタッフは、TMG主催の実務者研修(勤務扱い・職員価格)への参加の機会があり、働きながら介護福祉士資格取得を希望される方は、バックアップしています。 入職時は無資格・未経験の介護スタッフも多いですが、約半数が介護福祉士の資格を有し、介護のプロとして専門性を発揮しています。

特長

患者さん

◆病棟情報 1.回復期リハ病棟:60床 2.障害者施設等一般病棟:60床 【看護体制】 -看護基準:回復期リハ:13対1 / 障害者一般:10対1 -看護方式:チームナーシング -電子カルテ(SSI) ◆日勤体制 -回復期:看護師10ー13名+補助者 -障害者:看護師15ー18名+補助者 ◆夜勤体制 -回復期:看護師2名補助者2名または看護師3名補助者1名 -障害者:看護師2名補助者2名または看護師3名補助者1名

医療

120床の入院設備は、回復期リハビリテーション病棟60床と、障害者病棟60床で構成されています。 急性期治療を脱した患者様が対象なので、介護スタッフ割合が高く、各病棟に12ー13名の介護スタッフを配置。 2018年オープンなのでハード面が比較的新しく、オープン前から現場の声を反映した病院づくりを進めていて、患者様にもスタッフにも安全で快適な院内環境が整っています。 回復期リハビリテーション病棟では、質の高いチーム医療の実践によって、常時約90%の高い在宅復帰率を維持。 リハビリテーション科にはPT・OT・STが30名以上在籍し、患者様一人ひとりに合わせたリハビリプログラムを提供しており、病棟スタッフとの意見交換・情報共有を大切にしています。 障害者病棟では、重度の身体的障害や意識障害、神経難病を持つ患者様の療養支援に対応。 病状の進行に応じて、人生最終段階の医療・ケアにおける意思決定をサポートする「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」を実践しており、寝たきりで人工呼吸器装着などの医療依存度が高い方も多いので、看護師も介護職と一緒に入浴介助や排泄介助を行っています。

写真

スタッフ

看護部長 牛丸良子 「看護師と介護職が協働しやすい環境です。」 回復期や慢性期の医療現場では、「患者様が今後の人生をより良く生きるためにどんなことができるか」という視点を持つことがとても大切です。患者様の人生は途中経過ですから、私たち医療従事者は現在だけでなく、未来まで見据えて関わる必要があるのです。 当院の患者様は、ケガや病気で今までと同じ生活を送ることが難しい方が中心で、身体介助や生活支援のニーズが高く、看護と介護の双方が求められます。看護師と介護職の協働の実現は当院にとって最優先課題で、開院当初から両職種の意識改革とキャリア支援に力を注ぎ、現在は看護師によるオムツ交換や介護職の資格取得が当たり前になっています。 これからも職種を超えたチームケアで患者様を支えていけるよう、他職種と同じ目標に向かって協働できる仲間を歓迎しています。

事業所情報

事業所名
牧野リハビリテーション病院

診療科
内科・神経内科・脳神経外科・整形外科・その他

診療時間
08:00-17:30

病床数
120(病院)

設立年月日
2018年4月1日設立

法人名
医療法人社団武蔵野会 牧野リハビリテーション病院