東京療育・障がい訪問看護ステーションの写真

2023/10/14更新

十条駅徒歩4分🚶【あなたの”やりたい” ”したい"看護ができる場所です◎】”小児専門”訪問看護

東京療育・障がい訪問看護ステーション
東京都北区上十条二丁目1-12 METEO 101 号
訪問看護
小児
常勤
夜勤無
オンコール有
年間120日以上

この法人の他事業所

東京都

1事業所

  • アクセス

    JR十条駅 徒歩4分

  • 給与

    年収420万 ~ 660万

  • 勤務形態

    常勤 夜勤なし/オンコールあり

  • 休日

    年間120日以上

”小児専門”の訪問看護を行っています! 2022年6月に上十条に新規openし、2023年1月には西日暮里に拠点を増やしました!大手病院ときの密な繋がりや、親御さん同士の口コミなどで利用者さんが増えており、看護師さんを募集中💡 フレックスタイム制◎直行直帰◎訪問看護に関する業務とスケジュール管理以外の煩わしい業務なし◎服装自由、訪問着にかかる費用は全額負担しますので個性を大切にして働けます◎ 訪問するまでのルールはあるが、訪問した先での決まりはありません!ご自身の得意なことや、やりたい看護をしてください。あなたらしさを活かせる職場です! 🚃埼京線【十条駅】から徒歩4分・京浜東北線【東十条駅】から徒歩12分

求人情報

業務内容
お子様だけでなくご家族様の状況にも合わせた看護、発達成長を促すリハビリ・生活をしやすくしていくリハビリ(身体運動・言葉・認知・情緒・知能・社会性)を看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が行います。 重症心身障害児・重症心身障害者の看護。 NICUを退院後のお子さんの育児相談・アドバイス、状態の観察、医療的処置。 酸素療法または、気管切開・人口呼吸器を使用しているお子様の症状の観察、吸引、気切部の交換、人工呼吸器の回路交換、お風呂(入浴)の介助。 自閉症を中心とした発達障害(ADHD、ASD、限局性学習障害、協調性運動障害など)のお子様のリハビリを生涯を通して行うなど、様々な看護やリハビリがご自宅で受けれるサービスです。 -医療的ケアへの対応や親御さんへの指導 -自宅での入浴補助 -日常的な体調管理 -在宅での療養環境の調整 -家族の相談支援etc…

必要な免許等
-正看護師資格または准看護師資格 -普通自動車免許

雇用条件
正社員 常勤   ■月給  350,000円~550,000円(手当等含む)  基本給:250,000円~400,000円  固定残業代:月給に28時間分含む  ※28時間を超過した場合、法定通り支給   ■手当  通勤手当:全額支給  土日祝出勤手当(土日両日出勤の方):35,000円/月  夜間訪問手当(20時以降勤務の方):30,000円/月  オンコール手当(4回/月):20,000円/月  住宅手当:15,000円/月 ■賞与  回数:年2回(業績による)  タイミング:6月・1月   賞与額:人事評価による ■その他   想定年収:4,200,000円~6,600,000円  昇給:有(年2回・業績による)  退職金:有(勤続年数3年以上)  試用期間:3ヶ月(条件変更なし)

休日
-完全週休2日制(曜日固定休み) -年間休日120日以上 -有給休暇 -年末年始休暇 -夏季・冬季休暇 -特別休暇12日

その他
-勤務時間:フレックスタイム制 ※10:00-21:00の間から9時間(勤務8時間+休憩1時間) -時短勤務:不可 -直行直帰:可 -保険:社会保険/雇用保険/健康保険/労災保険/厚生年金/ 自転車保険 -備品:iPhone・自転車貸与 -通勤:マイカー不可/バイク・自転車可

教育・育成環境

教育育成環境の写真2枚目

現場がすべて学びの場になると思っています! 同行訪問と看護師ミーティングを1-3ヶ月行い訪問看護業務に慣れていただきます。 ST、PT、OTさんと一緒に訪問することもできるので、看護以外の専門的な知識を深めていただくこともできます◎

教育育成環境の写真2枚目

小児専門の訪問看護ステーションはとても少なく受け入れ先がない状態が続いています。軽度であっても重度であってもどんな子に対しても必要なサービスを当たり前のように受けてほしいと願っています。 すべてのことが叶うわけではないですが、私達ができることを最大限に行って行きたいと常々考えています。 小児看護には多様な疾患や状態に対しての知識やスキルが必要です。さらに訪問となると一人での対応になるために不安や怖さがあります。 それ以上にお子さんの親御さんは不安や怖さと日々戦っています。家族と一緒に成長し、子ども成長過程を一緒にみていくことができます。子供の笑い顔と親御さんの感謝が何よりのやりがいだとおもっています。

教育育成環境の写真2枚目

『どんな思いでステーションを立ち上げたのか?』 私の息子は障がいを抱えています。ある日「当ステーションは小学生までです」と使っている訪問看護さんから言われた際に目の前が真っ暗になりました。 訪問看護ステーションが入ってからの息子の凄まじい成長過程を見てきて、日常生活の1部としてもう当たり前になってしまった訪問看護ステーションを切るということを考えたことがなかったからです。障害はいくつになっても治るものではありません、たくさんの人の支えがあって日常生活を送れています。訪問看護ステーションが介入して子供が生まれてからやりたかった一人でお茶をすることができました。そんな一般的に見たら普通のことも10年以上できませんでした。こんな思いを他の親御さんにさせるわけには行かないと同時に同じ思いをして余裕のある親御さんを増やしたいと想い”東京療育”を設立しました。

特長

患者さん

医療的ケア児や 育児相談・レスパイトケア・多胎児育児支援などを行っています🩺

医療

北区、板橋区、豊島区、練馬区の一部、王子、赤羽、滝野川、田端など全域を訪問エリアとし、1日4-5件程度、自転車・バイク・公共交通機関を使用し訪問していただきます🚲 オンコール当番も月4回程度お願いしておりますが、出動・電話対応もほぼありません。(時期により異なる) 訪問先も自由で、看護師さんの得意が活かせる訪問先を選んでいただいています!

写真

スタッフ

-入社年次:入社1年目 -前職:訪問看護ステーション -入社時のご経験:訪問看護ご経験者・病院での小児経験あり 僕は、小児外科を経験し、様々な疾患をみるために全ての利用者がみられる訪問看護ステーションにきました。高齢者と小児を同時に見た時に改めて自分の心に解いた時にしょうにという分野しか残っていなかった。 小児の在宅医療は小児のみがなく、どこに行ったらよいのだろうと思っていたら、東京療育に巡り会えました。 基本的に訪問看護ステーションは、高齢者と小児を同時にみるために、必要な知識やスキルの分散があり、とてもではないですが、小児を全体としてみていくことができているのかと不安な状態でした。 高齢者を見た今の僕にとっては、小児という魅了にはまってしまい、ここを活かせる職場だと思います。子供の成長を見守り、親御さんと一緒に分かち合い、たくさんのひとから感謝の言葉をいただいたうえに前職でも多いと思っていた給料より更に高い給料を安定していただけるということが、他のスターションにはない魅力ではないでしょうか。 これだけの給料をもらえていることにも関係しますが、土日もみるということへの意義を感じております。 小児訪問看護ステーションにおいては、一人でいくことへの主義的な怖さや親御さんと対峙する不安などがありますが、私の小児に関する思いはそんなことでとめられることはなかったです。 同じような小児に対する思いをもっている看護師さんと一緒に働きたいと思っています。

事業所情報

事業所名
東京療育・障がい訪問看護ステーション

診療科
小児科・小児外科

診療時間
09:00-22:00

病床数
0(訪問看護)

設立年月日
2022年6月1日設立

法人名
株式会社インセンス
LINEで相談